てすと > 活用法 > 餃子 > 基本の手作り餃子

基本の手作り餃子

餃子と言うと、ラーメンやチャーハンのお供に、またビールの最高の相棒といったイメージが強いのですが、実は子どもにも人気のあるメニューなのです。
専門店で食べる餃子もおいしいですが、家庭で手作りする餃子もまた格別ですよ。
以下に基本的な餃子の作り方を紹介します。

●焼き餃子(40個分)
豚ひき肉...200グラム、白菜...400グラム、ニラ...1把、しょうが汁...少々、塩...小さじ半分、醤油...大さじ2、酒...大さじ1、ゴマ油...大さじ1、餃子の皮...40枚
白菜はさっと茹でて刻んでよく絞り、ニラも刻んで、白菜とともに豚ひき肉と混ぜます。
そこに調味料を入れ、粘りが出るまでよく混ぜ、皮で包みます。
フライパンを熱して油を敷き、餃子を並べたら水を餃子の3分の1くらいの高さまで水を入れて蓋をして蒸し焼きにします。
水気がなくなって皮も透き通ってきたら、蓋を外して火を強くしてかりっと焼き上げます。

これは本当に基本の基本で、例えばニンニクのみじん切りを混ぜたり、白菜をキャベツに替えたり、鶏がらスープを入れてみたり調味料を加減したり、とアレンジは無限大です。
お好みによってどんな餃子でもできてしまいます。
餃子のタネはよく余ってしまった、という話も聞きますが、あらかじめバットやトレーなどに平らに敷いてから線を引いて40等分に分割しておけば、余ったり逆に足りなくなったりしません。

餃子作りは肉をこねたり皮で包んだり、と子どもが楽しめる工程もありますので、ぜひお休みの日に家族で作ってみてはいかがでしょうか。
手作りの包みたてを焼いた餃子はとてもおいしいですよ。