ウッドデッキの木「安定性」

ウッドデッキの木材選びをする時に、耐久性と同時によく耳にする言葉に、「安定性」がありますよね。

木の安定性は、木の収縮する性質に大きく関係しています。

樹木として立っている木は、たくさんの水分を含んでいますが、木材としての木は、湿度が高い雨の日は伸び、乾燥する晴れた日は縮むというように、周囲の湿度との関係で、収縮していきます。
同じ木材でも、その方向によって縮み具合が違うので、「そり」や「ねじれ」ができるというわけです。

このそりやねじれの度合いが小さいものが、安定性に優れている木材ということになるのです。
一般的にみると、重くて強度が強い木の方が、安定性に優れているものが多いです。

この安定性、同じ木材でも、どの部分から取ったかによって変わってきます。

「板目」と「柾目(まさめ)」という言葉を聞いたことはありませんか?

板目は、木の中心軸から縁に向かって平行にずらして取った木材で、それに対し柾目は、木の中心軸から放射線状に平行になるように取った木材の事を言います。

板目と柾目では収縮の仕方が違い、板目はそりやすく、釘などで無理に押さえつけると
割れてしまう可能性があります。
収縮の少ない柾目は、ソリが少なく、割れにくいのが特徴です。
柾目は、樹齢の高い木から少ししか取れないこともあり、価格は柾目の方が高くなっています。

見た目的には、板目の方が面白みがありますよ。
1本の木でも同じ物がなく、不規則な木材独特の美しい模様をしています。
柾目は均等に木目が並んでいて、落ち着いた雰囲気があります。

見た目の面白い板目を選ぶか、そりの少ない柾目を選ぶか、ウッドデッキの木材としては、やはり柾目の方が良いと思われますが、木材選びの参考にしてみてくださいね。

O脚の治し方 治療編3

O脚の治し方がわからないという場合は、まず自分がどの程度のO脚なのかを理解する必要があります。
無論、体調悪化や明らかな変形であれば、それはかなり深刻なO脚なので、病院に相談に行くべきですが、そうではない、見た目ではそこまでおかしくなく、体調もそれほど悪くないO脚を矯正するには、どうすればいいのでしょう。

比較的軽度のO脚の場合は、エステに通う事をお勧めします。
エステというと、美容全般のケアをしてくれるところ、というイメージで、体形の矯正をしてくれるような印象はあまりないかもしれませんが、実際にはしっかり行なっています。
体形の矯正も美容にとっては重要ですから、当然といえば当然なのかもしれませんね。
エステティシャンの人たちは、このようなO脚の知識もしっかり持っているので、安心して任せていいでしょう。

エステで行なわれるO脚の治し方は、マッサージ治療院のような本格的な矯正ではありません。
O脚用のエアバッグを用いたり、ストレッチをしたりという軽い感じのものです。
よって、重度のO脚で体調が悪くに苦しんでいるという人には向いていません。
お値段も結構な額を取られます。

では、エステに通うメリットとは何なのかというと、美しい足を取り戻すというこの一点に集約されるかと思います。
治療院は、とにかくO脚を矯正し、体調悪化の原因を断つという治し方です。
よって、美脚になる為のものではありません。
一方のエステは、足を以下に美しくするかに特化した治し方です。
どちらが自分の目的に則しているのかを考え、選びましょう。

O脚の治し方 治療編4

O脚といってもそこまで深刻なO脚じゃない、という人は、どうしても放置しがちです。
実際、体調悪化の要因というほどでもないレベルであれば、個性の一つとも取れます。
体形や格好をあまり気にしない人にとっては、さほど大きな問題ではないという認識になるのも無理はないでしょう。

しかし、何でも当てはまる事ではありますが、こういった初期の段階での治療というのが一番重要です。
風邪は万病の元という言葉どおり、O脚も初期段階においてしっかり治療しておかないと、後で取り返しのつかない事になる可能性だってあるのです。
ただ、いくらなんでも初期の段階で本格的な治療院に行くのは、さすがに止めた方がいいでしょう。
お金も勿体無いですし、何より大げさ過ぎます。
では、初期段階のO脚の治し方とは、どういった方法があるのでしょう。

治し方の一つとして有効なのは、ストレッチです。
日常家で行なえるレベルのストレッチが、O脚の悪化をしっかり防いでくれるのです。

O脚のストレッチはマッサージ同様ピンからキリまであります。
本格的なものとなると、治療院で施される治療の一環として、素人にはまねのできないようなストレッチを施してもらえます。
また、エステにおいても、中々家ではできないようなストレッチでの矯正が可能です。

では、初期症状にむいているストレッチとはどのようなものでしょうか。
良く雑誌やテレビで紹介されているような、簡単にできるストレッチがこれに該当します。
こういったストレッチは簡単にできるものをチョイスして構成されているので、O脚の初期症状の治し方には最適です。

O脚について

----------------------------------------------------------------------------------
O脚治療の注意点1
----------------------------------------------------------------------------------

O脚になってしまった方の多くは、専門家を頼る以外の治し方を選択するかと思います。
クリニックや治療院に通うのは、時間的にも金銭的にも結構掛かってしまいますので、まずは家で治すというのが自然な治し方かもしれません。

ただ、素人の治療は危険で、「家でO脚を治す方法」などのインターネットや本を見てから行なうにしても、細心の注意を払う必要があります。
O脚の矯正というのは、簡単なものではありません。
間違った矯正をしてしまうと、取り返しのつかない事になってしまいかねないのです。
その点を留意した上で、O脚治療の際の注意すべき項目をいくつか挙げていきます。

まず、前提として、O脚の定義を間違えない事です。
O脚というと、恐らくほとんどの方、膝が大きく開いていて「O」型に変形した両足を想像するでしょう。
もちろん、これもO脚です。
も、というところに注目してください。
つまり、これだけがO脚という訳ではないのです。

自分はX型になっているからO脚治療はしなくていいのだ、などとは決して思わないようにしなくてはなりません。
O脚は、広義で「脚が歪な形に変形している状態」を指します。
では、脚の形がまっすぐでない場合、その全てがO脚なのかというと、そうでもありません。

人間、自然な姿が必ずしも完璧とは限りません。
両膝がしっかり付いて、スキマがなくなった状態が、必ずしもその人の自然な状態である訳ではないのです。
O脚の治し方は、あくまでも変形した部分、変形そのものを矯正するのであって、脚を真っ直ぐ整える事ではないのです。

基本の手作り餃子

餃子と言うと、ラーメンやチャーハンのお供に、またビールの最高の相棒といったイメージが強いのですが、実は子どもにも人気のあるメニューなのです。
専門店で食べる餃子もおいしいですが、家庭で手作りする餃子もまた格別ですよ。
以下に基本的な餃子の作り方を紹介します。

●焼き餃子(40個分)
豚ひき肉...200グラム、白菜...400グラム、ニラ...1把、しょうが汁...少々、塩...小さじ半分、醤油...大さじ2、酒...大さじ1、ゴマ油...大さじ1、餃子の皮...40枚
白菜はさっと茹でて刻んでよく絞り、ニラも刻んで、白菜とともに豚ひき肉と混ぜます。
そこに調味料を入れ、粘りが出るまでよく混ぜ、皮で包みます。
フライパンを熱して油を敷き、餃子を並べたら水を餃子の3分の1くらいの高さまで水を入れて蓋をして蒸し焼きにします。
水気がなくなって皮も透き通ってきたら、蓋を外して火を強くしてかりっと焼き上げます。

これは本当に基本の基本で、例えばニンニクのみじん切りを混ぜたり、白菜をキャベツに替えたり、鶏がらスープを入れてみたり調味料を加減したり、とアレンジは無限大です。
お好みによってどんな餃子でもできてしまいます。
餃子のタネはよく余ってしまった、という話も聞きますが、あらかじめバットやトレーなどに平らに敷いてから線を引いて40等分に分割しておけば、余ったり逆に足りなくなったりしません。

餃子作りは肉をこねたり皮で包んだり、と子どもが楽しめる工程もありますので、ぜひお休みの日に家族で作ってみてはいかがでしょうか。
手作りの包みたてを焼いた餃子はとてもおいしいですよ。




ネットオークション出品時の注意

最近、増え続けているのが、ネットショップやネットオークション。
ネットショップの開業や、オークションの出品を考えている人もたくさんいるのではないでしょうか。
オークションはとても簡単に出品できるようになっていますが、開業となると少し知識がいりますね。

ここでは、オークションについて調べてみましょうね。
オークションにはストアといって、ショップからの出品と、まったくの個人からの出品があります。
私も、ストアからの落札は気軽にできますが、個人が出品している商品は、かなり慎重に入札するようにしています。
特にリサイクル品は、ノークレームノーリターンでと記入されていることが多いです。
汚れ方や、使用感は、個人によって違うものですので、多少の違いはあるかもしれないがそれでも良ければ落札してくださいということです。

実際、リサイクルの子供服を落札したことがあります。
写真では奇麗にうつっていましたが、やはり汚れがかなり目立ったものがあり、ガッカリした記憶もあります。
さいわい、それは自宅での洗濯で奇麗になりましたが、あれが汚れたままだと、結局子供に着せてあげることはできませんからね。

洋服なんかですと、メーカーをふせてあるものとか、ハンガーだけをブランドのものを使い、かかっている服は何でもないノーブランドの服だということも多々あります。
その場合は、片隅に小さく、ブランド物ではありません、などという注意書きがある場合があります。
書いておかないと、あとでクレームが来たときに対応できませんからね。
オークションで買い物するのは、良いものはとても良いが、悪いものは非常に悪い。
かなりの注意が必要かと思われます。

ネットショップの開業・運営

ネットショップを開業するには、たくさんの準備が必要になってきます。
とりあえず、ショップを開店させるまでの流れを簡単に見てみましょう。

実際に店舗が存在するショップを開くには、かなり費用と手間ヒマがかかります。
ですが、ネットショップなら少ない費用と時間で手軽に開店させることができます。
手軽にと言いましても、最低限のものは用意しなくてはなりません。

まずは販売する商品がいります。
どれだけの注文が入っても、ただちに発送できるだけの在庫を準備し、規則的に商品を生産、仕入することができる状態にしておく必要があります。
そして、どんなものでも勝手に販売して良いわけではありません。
食べ物、リサイクル品、米、酒、たばこなどは、行政に許可を申し出たり、届け出をしないといけないので、厳重に注意しましょう。

次にパソコンが必要です。
最新の機種でなくても構いませんが、HPの作成や伝票処理が迅速にできるぐらいの性能はいります。
そして、商品の画像等のデータを規則的にバックアップしておくための、CD?RやDVD?Rの書き込みドライブもあったほうが便利です。
パソコンが故障したときのための、サブマシンが準備できているとさらに良いかと思われます。

次にブロードバンド回線が必要です。
ADSLか光接続の回線で、常に接続しておける状態にしておきましょう。お客さまからのメールの対応やHPの更新をすばやくこなすためにもこれは必要なものです。
最後にデジタルカメラがいります。
商品の画像を撮影するために使用します。
直接パソコンに取り込みができるので、便利で管理も楽にできます。
高解像度のデジカメではなくても良いですが、最低200万画素はいるかと思います。

ネットショップ開業 ショッピングモールを活用しよう

ネットショップをどこに開業するか。
ショッピングモールにもデメリットはありますが、独自のサイトにもメリットとデメリットがあります。
ショッピングモールであっても、独自サイトであっても、デメリットばかりを見ていては、ラチがあかないですよね。
メリットをよりよいものにしていくことができれば、ネットショップの運営もかなり質の良いものになっていくことかと思われます。
すでにネットショップを開店しているのならば、ショッピングモールへの出店でお客様幅を広げることができますし、これからネットショップを開店したいと思っている人は、最初にはショッピングモールに出店する方法を選び、ネットショップの経営に慣れるのもひとつの方法です。
近頃では初心者でも簡単に独自のサイトを作成する支援ツールも存在します、ネットショップに関しての知識を学んでからそのようなツールを活用すれば、かなりスムーズに独自サイトを運営することができます。

また、ショッピングモールには無料で利用できる場合もあるようです。
その場合は有料のものとは異なり、サービスにも制限がありますが、商品を宣伝するにはぜひ活用したいものですね。

それぞれのメリットをいろいろな方法で取り入れていけば、自分の商品はたくさんのお客様に見ていただき、購入していただけることになるでしょう。

ネットショップとは見ているだけでも楽しいものです。
しかし、商品の画像と実際の商品の感じが違っていたなんて言う場合もありますね。
ネットショッピングは購入者がわにも、メリットとデメリットが存在します。
それをうまく活用していけば、とても便利なものになっていくことでしょう。

ネットショップとオークション

ネットショップを開業しようと考えている人も多いのではないでしょうか。
開業とまで考えていなくても、オークションなどの身近なもので販売しようと思っている方はかなりたくさんいるのではないでしょうか。
では、ネットオークションとネットショップでは、どのような違いがあるのでしょうね。
ネットオークションから始め、知識を集め、慣れてきたらネットショップを開店する。こんな方法もあるようです。
まずオークションで、商品の数や種類を絞り、規則的に出品することが大切ですね。
ネットオークションへの出品は、ほとんど手間はかかりません。
そして、ネットオークションでは、同じ商品でもキーワードやタイトルによって売れ方が変わり、そういうものからネットショップビジネスの基本が学ぶことができます。

みずからの世界やイメージ作りをしたい、もっと規模を広げたい、と思ったらネットショップを開店する方向に進路変更しましょう。
オークションは、多くの場合が1対1のやりとりになります。
ストアであっても、落札後にメールでのやりとりが必ずはいります。
これを確実にこなし、お客様へ商品をお届することが1番大切なことです。
売れるようなキーワードを入れるのも大切ですが、商品とかけ離れたことを記入してはいけません。
売れたところで、クレームの対象になります。
評価が悪くなればお客様も減ります。
そうなるとネットショップの開店への道は閉ざされることでしょう。
お客様の信頼が一番なのです。

ネットショップの開業とオーナー業

ネットショップを開業するために、いろいろな段階をふんで、ようやくネットショップのオーナーに。
さて、次はどうしましょうか。
念願のネットショップオーナーとしてデビューしたとしましょう。

しかし、ネットショップが開店したから終わりというわけではありませんよね
ここからが本番になってくるのです。
商品の仕入れや配送はあたりませですが、お客様への対応、ホームページの更新、イベント企画やプレゼント、顧客管理など、することはたくさんあります。

その中でも特に大切なのが、マーケティングです。
かなり力を入れてやっていく必要があります。
とにかく訪問者数を増やし、お客様にその存在を知ってもらうことが必要なのです。
それには、検索エンジンで上位にあがってくるサイトになるのが一番なのです。
どうしてかというと、多くのお客様は検索エンジンを使用して、商品を探し、当サイトへとたどりつくからです。
しかも実際の店舗ですと、お客様は入口から入ってこられますが、ネットショップの場合は、お客様は必ずトップページから訪問してくるとは限りません。
商品を検索してきた場合は、直接商品のページに入ってこられるかたがほとんどです。
そのときに、購入方法がわからなかったり、配送料金や到着予定日などの詳細がすぐにわからないと、購入する意欲を失ってしまいます。
わかりやすいホームページと、イメージをわかせやすい商品画像、商品価格など日々改良していく必要があるといえるでしょう。
だからと言って使い勝手を変えてしまうと、前回購入したいただいたお客様が迷ってしまうことになりますので、変化を加え過ぎてしまうと、よくありません。